ご挨拶

ご挨拶

代表取締役 河野眞一郎
私ども東西グループは、1957年の創業以来、「水を究め、水を活かす」をテーマに今日まで事業を継続してまいりました。
その間、ユーザー各位が必要とされるであろう製品、システム、メンテナンスを開発してまいりましたが、振り返りますと残念ながら、実際にユーザー各位のニーズに本当にマッチしたものを開発してきたと自信をもって言うことはできません。

「我々ができること」をもとにユーザー各位に「問題解決策」をご提案させていただくことは勿論のことですが、「水のコンサルタント」としてユーザーの現状を総合的に理解した上で、「我々ができること」だけではなく「真に必要とされること」を考えご提案し、問題解決のために新たに必要とされるものがあれば、それをユーザーの協力を得ながら開発することにより「真に役立つ製品開発」が行えるものと考えます。

これらを具現化するためには「信頼される企業」「最新技術を柔軟に用いることのできる企業」「システムを適正な状態に維持管理できる企業」にならなければならないと確信し、そうなるべく鋭意努力し続ける所存であります。

皆様方には末永いご愛顧と、今後とも一層のご指導、ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役 河野眞一郎